弁護士の仕事と法律をわかりやすく解説

弁護士の仕事と法律をわかりやすく解説

成年と未成年で差がありすぎる刑罰

私が見直したほうが良いと思う法律は、少年法です。20歳以下の未成年だと、あらゆる面で法律に守られていて、成人の場合と、罰せられる内容もぜんぜん違ってきます。だから大きな社会問題になっているケースもあります。同じ犯罪を犯しても、19歳と20歳で、刑や罰が異なると言うのはおかしな話だし、少年法があるために、未成年の犯罪も減らないんじゃないかって思うんです。これまでにも痛ましい未成年の殺人事件などがたくさんありました。被害者よりも、加害者である未成年が守られているのが現実です。被害者遺族には、加害者が未成年と言うだけで、何も真実が明かされません。加害者が刑を終えて社会に復帰しても知らされる事はありません。被害者側は、何も知らないままなんて矛盾していると思います。未成年で罪を犯した人も、自分たちは少年法で守られているから大丈夫、と言って人もいるのが現実です。法律は弱い人も守るためのものじゃないんでしょうか?未成年とは言え、加害者ばかりを守る法律っておかしいです。少年法の全てが悪いとは思っていませんが、見直すべき点は多いと思います。

オススメのサイト